当クリニックのコンセプト

当クリニック8つのコンセプト

01なるべく歯質を削らない、神経をとらない、歯を抜かない

土台が大事

歯は、建築物と似ています。「地面」のような骨や歯肉、「柱」のような神経や歯の根、「屋根」のような歯質。健康な歯というのは、頑丈な歯ぐき・ゆるぎない歯の根・美しい歯冠でできています。でも建築物も歯も補修や治療をして異物を入れるたびに、耐久性が落ちてしまいます。歯を削る・神経をとる・歯を抜くなどの処置をする際は、それが本当に必要なのかをしっかり検討しています。

02痛みの『徹底ケア』

痛くない治療を心がけています

どんな患者さんも、痛みを感じたいという方はいないのではないでしょうか。
当クリニックでは、痛みの感じ方が人それぞれ違うことを考慮しながら、「痛みを感じない治療」を心がけています。
二段階麻酔法では、最初に表面麻酔の薬を塗り歯茎に針の痛みをも感じないようにしてから、麻酔注射をします。
また治療で歯を削ったり抜いたりする際も、痛みがなくなるよう心がけています。
痛みを感じやすい方、痛みが怖い方は担当医までご相談ください。

03どんなにボロボロな歯でも真摯に対応

しっかり治療します

たとえ虫歯や歯周病を放置してしまっても、どんなに歯がボロボロになっていても、治療したいという方にはしっかり治療するというのが当クリニックのコンセプトです。
患者さんの中には「怒られるかと思った」「ちゃんとに診てもらえない気がした」「口を見せるのが恥ずかしい」という方がいますが、まったくご心配はいりません。治したい!という気持ちがある方は、どなたでもいらしてください。

04チームであなたの美をサポート

歯の色や形が気になるという方への審美治療(自由診療)

歯を美しく治療したい!という場合、セラミックを入れるという場合が多いですが、ただセラミックにすれば美しくなれるという訳ではありません。
歯の色や形は人それぞれ、その人に合った色や形を考慮する必要があります。また歯だけを見ていては本当の美にはなれません。歯を支える歯茎の形や使用する素材などさまざまな要素が顔の印象に大きく影響します。
そのため当院ではフォトスタジオを設けてあなたの表情や笑顔をしっかりと記録して治療に臨みます。
また忘れてならないのが、美を求めるあまり歯の機能性が失われては、将来的なお口の健康に悪影響を及ぼします。
当クリニックではあなたに合った最良の美を提供するために、時には医師や技工士も交えて患者さまと相談しながら最適な治療を提案します。

05短期集中治療

精密治療で治療精度が高くなります(自由診療)

治療回数を減らすことは、患者さんの時間的負担を減らしますが、それだけではありません。治療精度の高いマイクロスコープを使用することで、歯への負担も減ります。

  • マイクロスコープ(顕微鏡)を使った精密治療で治療精度が向上
  • 生涯の治療回数を少なくする治療計画
  • 1回の治療で1〜2時間の枠をとることが可能

などの工夫により、治療を最短ルートで済ませる結果、少ない来院回数で治療を終えることができます。

06生涯の治療回数がなるべく少なくなるように

その場しのぎよりも、長くもつ治療を

治療を繰り返さないために大事なことは3つあります。1つ目は、治療を繰り返す原因を取り除くことです。例えば咬み合わせが強くあたるところはむし歯や歯周病になりやすくなるので、そういう場合は、何らかの余計な力を取り除く処理が必要です。
2つ目は、定期的に検診を受けることです。定期的に受けていれば、むし歯や歯周病も初期の段階で発見しやすいため、治療しないで済むケースが出てきます。
3つ目ですが、最後は患者さま自身のホームケアになります。いくら歯医者で治療を行っても自宅でしっかりと歯磨きやフロスなどケアができていないと意味がありません。
歯の治療回数が少ない人ほど、治療よりも予防で通院してもらっています。当クリニックではあなたの歯の特徴に合わせて磨き方やホームケアのアドバイスも行っております。お気軽にご相談ください。

07患者さん自身が決める治療計画

コミュニケーション重視のクリニックです

当クリニックでは患者さんとのコミュニケーションを大事にしています。患者さんはどんなご希望を持っているのか、患者さんが懸念していることは何なのか、現在お口の状態はどうなっているのか、そして今後どんな治療の選択肢があるのか等を話し合います。
患者さんのご希望や治療にかかる費用・期間を考慮して、歯科医は治療の選択肢を出します。その上で、どのような治療計画にするのかを決めるのは患者さん自身です。
わからないことやご不明な点がありましたら、何でもご質問ください。

08将来の健康を保つお口の治療へ

治療回数を減らすために大事な「予防処置・検診」

一旦、むし歯になってから歯医者にきても、歯を削ることになり、その結果歯の耐久性は落ちてしまいます。
一方、予防を目的とした検診に通えば2つのメリットがあります。1つは症状が進む前に手を打てるので、歯を削ったり神経をとったり歯を抜いたりする可能性が減ることです。もう1つは、むし歯や歯周病などの症状が出る原因に手を打ち、症状を回避できることです。
当クリニックでは、「患者さんの生涯の治療回数が少ない治療」を念頭においていますが、それは患者さんが予防で来院していただけて初めて実現します。治療よりも予防で来院する方が増えることを願っています。
院長メッセージ