根管治療

根管治療とは

重度なむし歯でも、根管治療によって歯を抜かずに残すことができます。
根管治療とは、いわゆる「歯の神経をとる」又は「細菌感染をした根の中をきれいにする」治療です。
実際には汚染された歯髄や細菌感染物を除去する治療で、それが歯髄の場合には神経や血管があります。歯髄が通っている又は通っていた根管をクリーニングして薬剤をつめる治療が根管治療です。

根管治療の難しさ

根管治療は以下の4つの理由で難しいと言われています。

  • 根管は、直径1mm以下と非常に細く、カーブや分岐をしていること
  • 歯の奥にあり、小さくて暗くて見えづらいこと
  • 根管が傷つきやすい繊細なものであること
  • 根管に汚れを残したり根管を傷つけたりすると、再治療が必要になってしまうこと

保険診療での再治療率は50%前後と言われ、再治療が必要になると、歯や患者さんの負担が大きくなります。

当クリニックの根管治療とは

当クリニックの根管治療は、上記の難しさを先端技術で解決した治療です。
当クリニックでは

  • CTスキャンで根管の本数や形状を鮮明に映し出し
  • ラバーダムで治療する歯を隔離し、ほぼ無菌状態に
  • マイクロスコープという顕微鏡で視野を確保
  • よくしなるニッケルチタン製ファイルでの根管の機械的洗浄
  • ガッタパーチャや歯の組織を再生するMTAセメントで根管充填

当クリニックの根管治療での再治療率は、保険治療と比べ格段に低いため、歯や患者さんの負担が小さくなります。

(a)CTスキャン

CTスキャン
従来のレントゲンではわからない歯や骨の内部を見ることができるため、根管の本数や形状、病変の位置や大きさなどを事前に確認できるようになりました。
安全性の高い根管治療に必要な検査です。

(b)ラバーダム

ラバーダムとは、治療する歯を隔離するゴムシートです。治療中に唾液が混入することを防ぐほか、治療機器や薬剤が入るのを防ぎます。

(c)マイクロスコープと視野の確保

マイクロスコープと視野の確保
根管治療に必要なのは、治療箇所の鮮明な視野です。明るさと倍率が必要になります。マイクロスコープはドクターの技術を要求しますが、鮮明な視野を確保できます。当クリニックの得意とするところです。

(d)ニッケルチタン製ファイルと根管洗浄

ニッケルチタン製ファイルと根管洗浄
保険診療のファイルは、手動で動かすステンレス製のファイルのため、繊細な根管を傷つけたり、汚れを残してしまったりする可能性が十分にありました。
根管治療では、自動で動き、よくしなるファイルのため、根管内の清掃をスムーズに行い、根管を傷つける可能性も減りました。

(e)MTAセメントと根管充填

洗浄した根管には、必要に応じてMTAセメントを使用しています。MTAセメントは

  • 歯の組織の再生を誘導する
  • 根管が薄い / 穴が開いた場合も歯の保存ができる

などの特徴があるため、従来では抜歯せざるをえない状況でも歯を保存できるようになりました。当クリニックでは必要に応じてMTAセメントを使用しています。

治療回数と時間

当クリニックでは、精密な根管治療を行う場合、1回の治療時間に1?2時間確保しておこないます。治療後、再治療になる可能性を加味しますと、治療時間と平均回数は下記を参考にしてください。

保険診療 30分×約10回
精密な検査や機器を使用した根管治療(自費診療) 1-2時間×約3回

根の病気をマイクロスコープにより精密根管治療で治癒させた症例

  • 治療前

    治療前※画像をクリックすると拡大します。
  • 治療後

    治療後※画像をクリックすると拡大します。
年齢 30代
性別 男性
主訴 右上奥歯が痛い
治療回数 3回
治療期間 1か月
待機期間 6か月
担当医コメント
マイクロスコープを使用した根管治療により根の病気を治癒させることができました。
マイクロスコープなくして、成功はしなかったでしょう。

価格表

保険診療は、自己負担割合により大きく異なりますので、詳しくはスタッフまでお問合せください。

保険診療 数百~数千円弱 / 1回あたり
精密な検査や機器を使用した根管治療(自費診療) 前歯の場合 7万円 / 1歯あたり
小臼歯の場合 8万円 / 1歯あたり
大臼歯の場合 9万円 / 1歯あたり

※価格は税抜き表示です。
※保険診療は自己負担割合によります。
※かぶせ物の値段は含まれていません。

デンタルローンもご利用いただけます

分割払いが可能なデンタルローンがご利用いただけます。
詳しくはアプラス「デンタルローン」をご覧ください。

歯科従事者が自費での精密な根管治療を選ぶ理由

患者さんと治療について話をしていると、「歯医者さんならどうしますか?」と聞かれることがよくあります。私の周りでは、根管治療については自費診療を選ぶ方が多いです。
金額に見合った価値があると考えているからです。

精密根管治療の価格は、公的保険が効かないため、一見とても高いように見えます。
それでも歯科従事者は保険診療の根管治療よりも自費の精密な根管治療を選ぶ方が非常に多いです。

  • ・再治療が少ないため、通院回数が少ない。
  • ・再治療が少ないため、歯への負担も少ない。
  • ・長期的な予後が良い。
  • ・抜歯を避けるために、歯に優しい選択をしたい。

などの理由が挙げられると思います。

根管治療が必要な歯は、抜歯の可能性が高まっている歯でもあります。
当クリニックでは患者さまに後悔しない選択をしていただくべく、保険診療も含め一人ひとりに合ったプランや選択肢をご提案しております。
100人患者さまがいれば100通りの治療プランがあるのが実情です。他院で抜歯といわれた方も諦めずご相談いただければ幸いです。

予約の電話をかける ウェブ予約